あべのハルカスタワー館21F歯科医院あべのハルカスAKIデンタルクリニック

ごあいさつ

管理医師挨拶

はじめまして、AKIデンタルクリニックの岡田晃乃です。「あきのせんせい」と呼ばれています。
両親が医者の家庭で育ちました。父と母が患者様に慕われ喜んでもらっている姿を見て、私も人から感謝される仕事がしたいと、子供の頃から漠然と思っていました。
進路に悩んでいた高校生の時、5歳年上の姉が顎変形症で手術を受けました。「出っ歯」で矯正治療を7年間続けましたが治らず、手術でようやく咬みあわせを回復しました。姉の喜ぶ姿を見て「私も歯科医師になって喜びのお手伝いをしたい」と目標が定まりました。
AKIデンタルクリニックを開業して、患者様目線での診療を心がけています。「痛い」「こわい」「いや」「できたら行きたくない」と歯医者嫌いの方に「痛くない」「こわくない」「すき」「もっと行きたい」と思っていただける歯科医院をめざしています。
よろしくお願いいたします。

管理医師 岡田晃乃

岡田晃乃

院長挨拶

AKIデンタル院長の岡田千佳子です。
当院の管理医師、岡田晃乃の母でもあります。
娘は、私が医学部の2年生の夏休み前に生まれました。

生まれる前は、私のお腹のなかで授業を受け、体育も一緒に頑張りました。
生まれてからは、私の腕のなかで医学書を読み、国家試験の勉強も一緒に頑張りました。

と言いましても、生後1か月から保育園に預け保母さんにまかせっきりで、気がついたら大きくなっていました。手のかからない、いえ、手をかけなかった子供でした。

今は母として、医師として全力で娘のサポートをしております。
医科と歯科は関わり合いが深く、特に齲歯、歯周病が全身の病気の隠れた原因であることは少なくありません。糖尿病、動脈硬化、脳梗塞、脳出血、リウマチ、掌蹠嚢胞症、IgA腎症などなども歯科疾患と関係します。 患者様にそれを伝え、お口のなかだけでなく全身の健康を守る歯科医院をつくるのが私の仕事です。よろしくお願いします。

院長 岡田千佳子

岡田千佳子

理事長挨拶

歯科医院における治療到達目標は、
「歯の痛みをとる」「食物を正しく咬めるようにする」「美しい口元を作る」ということだと、私は考えております。
当医院では、インプラント治療や矯正治療にはレントゲン、CT、治療用の特殊なコンピューターソフト等を駆使して安全確実な治療を目指し、また歯のかぶせ物や詰め物にはセラミックやジルコニアといった生体親和性の高い素材を主体として使用しております。

医食同源と言われますように、「食べる」という事は生命を維持する基本ですから、患者様が日々の食事を満足していただけるよう、スタッフ一同全力を尽くす所存であります。

理事長 岡田茂樹