あべのハルカスタワー館21F歯科医院あべのハルカスAKIデンタルクリニック

「噛む」という行為は、脳に刺激をあたえます。 運転中眠くなったらガムを噛む方も多いことでしょう。

「ぼけ防止のためのガム」も売られています。 でも、咬みあわせが悪いまま、噛み続けていると・・・ 咬みあわせの悪いところが痛くなります。 噛む刺激で歯根や顎の骨に負担がかかり炎症がおこります。

これを「咬合性外傷」と言います。 私(千佳子院長)も左奥歯の咬み合わせが悪い時、 「左奥歯が痛い、なんか違和感がある」 とよく感じていました。その延長で頭痛にも悩まされていました。 「咬合性外傷」だったのです。

もちろん、AKIデンタルクリニックで咬みあわせの調整をしてもらい、歯痛、頭痛から解放されました。
よく噛むことは、消化を助け、脳に刺激を与えます。 でも咬みあわせが悪いと、歯に悪いです。

気になる方はAKIデンタルクリニックでご相談ください。