大阪天王寺の歯科医院AKIデンタルクリニック
4D精密設計マウスピース矯正の無料診断 受付中

矯正治療medical treatment by insurance

矯正治療はこの数年で飛躍的な進歩をしました。
以前は矯正治療は「ワイヤー矯正」一択でした。矯正方法も患者さんの膨大な口 腔内データを模型に照らし合わせ何回も多種パターンを予測しながら進捗します。
特別なカリキュラムを履修した歯科医師が矯正設計を考慮するので、非常に時間 と労力がかかる作業となるため、治療実行前に膨大なデ-タ解析量が必要です。 そのため基本的には矯正治療は専門医体制にして一般治療と分けて存在している ケースが多いのです。
更に患者さんも実際にどのような仕上がりになるか? どのように治療を進めて いくか? 治療期間はどのくらいか?
高額自費治療にもかかわらずこのような疑問が不確定なまま治療がスタートする ケースが多い傾向にあります。矯正治療は専門性が高いが、患者さんのニーズが ある分野です。
治療成功させる為には歯科医院・患者さん両方が協力しあい、信頼しあい、最後 まで根気よく治療に向き合う必要があります。

「こんな感じのイメージで終了と思わなかった」
「当初矯正期間2~3年だったが5年近くかかってる」
「今何してるのかわからない。変化を実感出来ないからモチベーション上がらない」

AKIデンタルクリニックのマウスピース矯正治療は、このような問題を極力なく して分かりやすい矯正治療をご提供させて頂きます。
AKIデンタルクリニックのマウスピース・アライナー矯正の特徴は以下の3つです

1.整合性の高い測量

インビザライン社とCT情報サーベイソフトNEMOをコンバートし、飛躍的に整合性の高い測量を可能にします。
インビザラインの設計ソフトには顎骨全体の情報を投影して設計する機能はありません。
AKIデンタルクリニックが測量に使用しているCT情報サーベイソフトNEMOとはOCR 機能というドット間予測機能を利用した予測システムであり、インビザライン社 の強みである膨大な蓄積データをOCR反映しております。
矯正治療ようのマウスピース作成は、顎骨全体を把握しない限り精密度の高い設 計は不可能です。矯正において精密度の高い設計治療を実現させる為には、歯列 を支えている顎骨状態を把握し、骨密度等をデータに投影して本当に動くのかの 根拠を数値化する必要があります。
当院では専用のソフトを駆使してデータを解析する能力と熟練度と設計時間を必 要とします。
歯を支えている骨情報全般を設計のデータに反映させておりますので精密度の高 い設計を致します。

2.いくつかの選択肢をご提供

矯正の設計はいくつかの選択肢をご提供できます。
患者様には選択肢と無理なく続けていける矯正プランをご提供させて頂きます。

3.患者様に分かりやすい説明

シミュレーション3D動画を使い患者様に分かりやすい説明を心懸けております。
完了時の画像イメージを共有してゴールまでドクター及び専任スタッフが患者さ んのスケジュール管理をさせて頂きます。
一昔前まで日本の歯科治療は治療する事が主役でした。現在は予防治療の解釈が 進み、一部ですが保険治療でも予防の領域が認められてきております。
歯科業界では画像診断技術が向上により認識が変動しております。正しい噛み合 せでずっとご飯をおいしく食べれる。歯並びがよくなり歯磨きがしやすくなり虫 歯や歯周病が無くなった。自分の笑顔に自信が持てました。
このようなお口の中の起こりうる問題の解決策としての治療をいたします。

担当歯科衛生士から

iTEROを使用したインビザライン矯正の特徴

1.患者様と一緒に画像見ながらゴールを決めれる。

矯正治療の難しさの1つに患者さんとゴールイメージを共有しづらい事ですね。
模型を使って現状からこうしていこうっていう話は出来ますけど、iTEROならその場ですぐにAIによるシミュレーションによって視覚的なイメージを共有出来ますからそこは大きいですね。患者さんの満足度が高いのも理解出来ます。

2.患者さんの負担が少ない

ワイヤー矯正との大きな違いは患者さんの負担が少ないこともありますね。インビザラインは脱着可能ですしマウスピース自体は交換式ですからワイヤーに比べると患者さんの気持ち的には非常に楽でしょうね。勿論基本的には食事以外の時は装着して頂いてますが、たとえばパーティーなどの大切な用事の時もワイヤー矯正と違い外せますし、あと無くされたり割れた時の負担も軽いですよね。負荷が少ない分しっかり続けていけると思います。

3.インビザラインとの設計相談

患者さんの負担が少ないのですが、勿論設計に関しては最善の注意が必要です。インビザラインから設計はあくまでデータ上での設計に特化してます。実際に私たち歯科医師が専門知識と実際に患者さんに会って話して接触して得たデータをインビザライン側にしっかりと教えてその特性を私たちが利用して最終的に可能な設計に導く必要があります。ここが1番重要な所ですね。

4.矯正をお考えの方へ

当院の矯正治療は①ワイヤー矯正②インビザライン矯正③ワイヤーとインビザライン混合矯正といくつかの方法がございます。現在矯正診断は無料で行っております。矯正治療の場合の多くはご自身で判断して諦めてしまうケースが多いと思います。しかし現在は矯正機器の進歩により矯正治療可能なケースや、金額の安価なコースもご用意しております。
是非無料相談をお受け頂きご自身の納得するプランをご検討くださいませ。

診療メニューMenu

SNSSocial networking service